Dyno

格安ホームページ制作会社に発注してもよい場合とそうでない場合

世の中には、 価格の低さを大きなアピールポイントとして営業を行っているウェブ制作会社 があります。 いわゆる 格安ホームページ制作 の会社ですが、今回は そのような会社に制作を依頼することのよしあし について考えてみたいと思います。

まさにこれから格安ホームページ制作会社に依頼をしようという方はぜひご参考にしてください :)

大前提はプロジェクトを成功させたい意思

お話の大前提として、依頼主がホームページ制作の発注を行う際に「プロジェクトを成功させたい」という意思があることとします。 例えば「たまたま会社のウェブ担当になったけれど、会社のビジネスがうまくいくかどうかには一切興味が無い」という方の場合はこれはあてはまりません。 その場合も含めて考えると話がややこしくなるので、今回は発注者側に「ウェブ制作で何らかの目的を達成したい」「成功させたい」という意欲があることをお話の大前提とします。

格安ホームページ制作会社に発注してもよい場合とそうでない場合

格安のホームページ制作会社に依頼をすることそのものについては、私は特にアリともナシとも言えないと思います。 「格安の会社には絶対に頼むべきでない」という意見もたまに目にすることもありますがその考えは極端です。 「格安会社はアリかナシか?」への答えは目的と状況によって Yes の場合もあれば No の場合もあります。

そもそも「格安ホームページ制作会社とはどのような会社なのか」というポイントから入ると話がスムーズに展開できるのでまずはそこから見ていきましょう。

いわゆる「格安ホームページ制作会社」には大きく分けて 2 つのタイプの会社があります。

  • a) 適切な戦略のもとに格安を選んでいる会社
  • b) やむなく格安を選んでしまっている会社

a) 適切な戦略のもとに格安を選んでいる会社: これは、経験とロジックに裏打ちされた明確な戦略がありその下で「格安」を意思として選択している会社です。 そういう会社は、システム、サービスメニュー、業務オペレーション等のどこかで工夫をしていて、たとえ格安で出しても「十分な価値が顧客に届けられ適切な利益が得られ事業が回る仕組み」を作り上げています。 また、創業したての会社や独立後間もないフリーランスの方が、あくまでも短期的に売上・利益より実績としてのプロジェクト数を優先して価格を抑えている場合もこちらに含まれるでしょうか。

b) やむなく格安を選んでしまっている会社: 一方こちらの会社は a) とは異なり、「格安」を仕方なく選んでしまっている会社です。 品質に自信がなく標準的な料金をもらうことにためらいがあったり、標準的な料金では仕事がもらえなかったり、価格面以外の付加価値がアピールができなかったり等理由はさまざまですが、強い意思で「格安」を選んだというよりは結果として「格安」を選ばざるをえなくなった、そういう会社です。

見た目は同じ「格安」でも両者は大きく異なります。 ですので、「格安ホームページ」の宣伝文句を見たときに最初に見るべきは、その会社が a) と b) のどちらのタイプかということです。

もし a) なら話はシンプルです。 「格安」だからといって頼んではいけない理由・特段注意すべき理由はありません。 その戦略が実際に機能しているかどうかはチェックする必要がありますが、もしそこに十分な根拠が得られたなら、格安をウリとしていない一般の制作会社と同じ流れで発注を検討するとよいでしょう。

a) の場合はシンプルです。 問題は b) の場合です。

b) の場合は、「格安」である理由をその会社の立場になって考えてみることが必要です。 「格安」を選ぶ理由にはさまざまなものがあります。

  • 提供品質が低く標準的な料金をもらうことにためらいがある
  • 標準的な料金では受注がもらえず営業ができない
  • 付加価値がつけられないので「格安」しかアピールできるポイントが無い

実際の理由は会社によってさまざまですが、ネガティブな動機から来ていることが少なくありません。 発注側はまずはそこを理解しておくべきです。 そして、候補の会社が「格安」路線なのであれば、実際どのような理由で「格安」なのかを知るように努めるべきです。

b) の会社の場合は、その上で発注してもよい場合とそうでない場合とがあります。 前者の方がパターンが少なくシンプルなのでそちらを先にあげます。

発注してもよい場合

b) の会社に発注してもよい場合は大きく次の 2 パターンがあります。

  • y1) 選択肢が他に無い場合
  • y2) 目的が達成できる場合

y1) 選択肢が他に無い場合: そもそも選択肢が他に無い場合は、頼んでもよいかどうか以前に依頼せざるをえないと言えます。代表的な例は、標準的な料金の制作会社に依頼するだけの資金・予算が無い場合です。予算が無い場合にはどうすることもできません。また、知人の紹介や付き合い等でその会社に発注しなくてはならない場合や、その会社に仕事を発注することそのものにプロジェクトの成否を超えた重要な意義がある場合等もこれにあたります。

y2) 目的が達成できる場合: 品質に不安のある格安の制作会社に依頼してもその目的が十分に達成できるという場合も、格安会社に頼むという選択肢はアリでしょう。 格安の制作会社に依頼すると品質やコミュニケーションの面でデメリット・制約があることがありますが、そのあたりを十分に把握できていてリスク対応の準備も十分なら、「格安」に不安を感じてためらう必要はありません。 例えば、格安ホームページによくある大量生産テンプレートサイトでも十分に価値を得られる場合や、あくまでも発注・制作の経験値を積むためのトライアルプロジェクトの場合等がこれにあたります。 また、社内あるいは協力会社にウェブ制作を熟知した社員がいて、格安制作会社に頼んでも品質の維持とリスク対応が十分できると確信できるような場合も稀ですがこれにあてはまります。

発注してはならない場合

原則的に、上の「発注してもよい場合」にあてはまらない場合は格安制作会社に依頼してはいけません 。 より正確に言うと、頼んではいけないのではなく、 「格安」を重要な選定基準に制作会社を選んではいけません

なぜなら、 ウェブ制作で重要なのは、目先の制作費の安さではなく、そのプロジェクト全体での費用であり、費用対効果だからです 。 そして、冒頭に述べたとおり、 ウェブプロジェクトにおける制作パートナーは CSF (成否を左右する要因)です

制作費の安さというのはプロジェクトの成否のほんの一要素ですし、「格安」には相応のデメリットと制約が伴います。 そのようなデメリットに気づかずに「格安」につられて制作会社を選んでしまうと、コストを抑えるつもりがかえって高くつくことにもなるでしょう。

ビジネスで作るウェブサイトの 99% は「作って終わり」ではありません。 ウェブプロジェクトの上位目的を達成するには、まずはサイトを無事に公開し、その後少なくとも数ヶ月、長ければ 5 〜 8 年の長期にわたり適切な運用と保守を行う必要があります。 PDCA を行いときには構成やデザイン・機能・運用方法の変更を行う必要があります。 そして、サイトのライフサイクルの終わりである次回のリニューアルの際には新システムへの移行を適切に行わなくてはなりません。

サイトのライフサイクル全体を通じてスムーズ・適切に価値を引き出すには、制作会社からの継続的な協力が不可欠です。 そのことを考えると、制作費が格安であることには特に強い魅力は無いことがおわかりいただけることと思います。 本当に成功を望むのであれば、「格安」の裏にある理由や「格安」と一体のデメリット・制約の方がむしろ気になってくるはずです。

とはいえ、上で述べたとおり、目的達成や費用対効果の面でその制作会社が最適だと思われる場合は、「格安」だけを理由に毛嫌いする必要はありません。 「格安」以外の面も見て総合的にその会社がベストであるなら、その会社に依頼するのがよいでしょう。

つまるところ、 格安かどうかにかかわらず、多面的・総合的に見てベストと思える制作会社を選ぶことが大切です という当然の主張をしてこの記事を終えたいと思います。 「格安の制作会社に頼みたい」「格安の制作会社ってどうなんだろう?」という疑問をお持ちの方のご参考になれば幸いです :)

最後に注意喚起です。 世の中には、表向きは「格安」と謳っておきながらその実さまざまな方法で発注者を陥れ法外な料金をまきあげようとする悪質な制作会社があります。 最近ではあまり耳にしなくなりましたが、リース契約でホームページ制作を行うような会社もその一例でしょう。 ホームページをリース契約とする会社は悪質である可能性が高いので、発注をご検討中の方はぜひ十分に注意してください。 中小企業省が注意喚起もしたりしているので、ご存知でない方はチラシ等に目を通してみてください。