Dyno

ウェブサイトのパターン別目的の具体例

今回は ウェブサイトの目的の具体例 をご紹介します。

プロジェクトの目的の分類軸の最も単純なものとして 売上を上げるか?費用を下げるか? というものがありますが、今回はこの切り口で分類して 「サイトのタイプ」と「目的」の具体例をご紹介します

(サイトの目的はどのように考えたらよいのかという理屈の面に興味のある方は別記事 ウェブサイトの目的の考え方 が参考になるかもしれません)

以下各行 (サイトのタイプ): (目的の例)(フェーズ) という形になっています。 「フェーズ」というのは、広告の階層モデルである AIDA または AISAS のどこのフェーズに該当するかを表します。

売上を上げる

  • プロモーションサイト: 新製品の認知率の向上 A IDA
  • コーポレートサイト: 企業の認知率の向上 A IDA
  • 実店舗サイト: 購入検討時の不安の解消 AI D A
  • EC サイト: 購入意思を持ってから購入に至るまでの経路の短縮 AID A
  • 利用者マイページ: リピート率の向上 AID A
  • 利用者 SNS: リピート率・紹介率の向上 AISA S
  • CSR 紹介サイト: ブランド好感度の向上 A ID A

費用を下げる

  • サービス紹介サイト: 広告費の削減 AI DA
  • ヘルプフォーラム: 新規客の対応コストの削減 -
  • CRM サイト: リピート客の対応コストの削減 -
  • リクルーティング用サイト: 採用費用の削減 -
  • 社内用情報サイト: 情報共有コストの削減 -

ここにあげたのはあくまでも参考例に過ぎません。サイトのタイプがこれなら目的はこれ、と一通りに決まるものではないので、参考にされる際はその点に注意してください。

ご参考になれば幸いです。