Dyno

ウェブサイトはどのくらいの頻度でリニューアルすべきか

企業のウェブサイト管理者・担当者の方なら一度は「 自社のウェブサイトは何年ぐらいでリニューアルするのがよいのだろう? 」と疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。 今回は私なりにその疑問に答えるべく ウェブサイトはどのくらいの頻度でリニューアルするべきか というテーマで私の考えを述べてみたいと思います。

・・・

「ウェブサイトは何年に一度ぐらいリニューアルするのがよいですか?」という質問を仕事柄ときどきいただきますが、これには 2 通りの答え方をすることができます。

世間の相場

まずひとつめは 世間の相場 をお伝えする形で回答するものです。

相場でいうと、あくまでも私の感覚値にはなりますが、 企業のウェブサイトのリニューアル頻度のボリュームゾーンは 3 〜 7 年 です。 中央値はおそらく 4 〜 6 年くらい で、ウェブが重要なチャネルである企業の場合は 2 〜 3 年、ウェブがあまり重要でない企業の場合は 6 年ぐらいなのではないかと思います。

戦略上のウェブサイトの位置づけやウェブサイトのタイプによってこのあたりは大きく変わってくるので一概に言えないところがありますが、乱暴にさまざまなタイプのサイトをひっくるめて統計を出してみると、大体 3 〜 7 年ぐらいでリニューアルをするサイトがおそらく大多数です。

損益のロジック

もうひとつの回答方法は 定量的な損益のロジック でお答えするものです。

これは ウェブサイトを投資と考えて最も収支がよくなるタイミングでウェブサイトをリニューアルする という考え方です。 複雑なことは特になくて、要は設備投資の考え方をウェブサイトに適用するだけです。 初期のリニューアル費用、運用保守費用、そして、ウェブサイトから得られる売上の増加あるいは費用の削減を時間軸上で見て、メリットが最大となるリニューアルのタイミングを選びます。

当然ながら、この考え方をする場合は 「前回のリニューアルから○年経過した」という情報にはあまり価値がありません

というのは、例えば、現行サイトが前回のリニューアルから 10 年以上経っていたとしても、機能・デザイン・パフォーマンス・セキュリティ等の面でいずれも問題なく、仮にリニューアルをしたとしても伸び幅が小さく十分なメリットが得られないのであれば、リニューアルは行うべきではありません。

逆に、たとえ前回のリニューアルがほんの半年前だったりしてあまり時間が経っていなくても、サイトに著しい問題がありリニューアルをすることで十分な改善が期待できるのであれば、いくらリニューアル間隔が短くてもリニューアルを行うべきでしょう(現実には問題を解決する方法はリニューアルだけではないので「リニューアルするかしないか」という単純な問題ではありませんが)。

また、よく聞くケースとして、多くのウェブサイト担当者の方は「サイトの見栄えが古くなったから」という理由でサイトリニューアルの検討を始められることがあります。 「サイトの見栄えが古くなったから」だけでは根拠として弱いので、このような場合は「サイトの見栄えが古くなっていることによって生じている損失」を仮説立てて計算することで、一定の説得力をもたせることができます。 すでに発生している機会損失と将来発生しうる機会損失を金額に換算して出すことで、リニューアルの時期と予算についての判断材料とすることができるでしょう。

当然ながら、この損益のロジックのアプローチには限界があります。 それは「担当者の主観が交じるのを完全に排除することはできない」という限界です。 数値化の際にはいくつもの前提が必要になるので、その段階で主観が入ることは避けられません。 しかし、主観を 100% 排除できないということはそのアプローチがまったく使えないということではありません。 主観が入るとはいっても損益のロジックでのアプローチには一定の価値があるのでその限界を理解した上でうまく活用するのがよいのではないかと思います。

・・・

ということで、 ウェブサイトはどのくらいの頻度でリニューアルするべきか というお話でした。 まとめると次のとおりになります。

  • 世間の相場でいうと、リニューアル頻度は 3 〜 7 年ぐらいが多い
  • ただし、ウェブサイトの位置づけやタイプによって相場は大きく異なる
  • 実際にリニューアルの時期を考える際は相場にあまり気を取られずに、自社の状況を見て定量的に判断するのがよい

ウェブサイトのリニューアル間隔・賞味期限というものに興味のある方のご参考になれば幸いです。 このあたりの検討のサポートも行えますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください :)