Dyno

ウェブサイトはどのくらいの頻度でリニューアルすべきか

企業でウェブサイトの管理者・担当者をされている方なら「 自社のウェブサイトは何年ぐらいでリニューアルするのがよいのだろう? 」と一度は疑問に思われたことがあるものと思います。 今回はその疑問に答えてみたいと思います。

・・・

「ウェブサイトは何年に一度ぐらいリニューアルするのがよいですか?」という質問を仕事柄ときどき聞かれますが、これには 2 通りのアプローチで答えることができます。 「ウェブサイトは何年に一度ぐらいリニューアルするのがよいですか?」という質問を仕事柄ときどき聞かれますが、これには 2 通りのアプローチで答えることができます。

アプローチ1: 世間の相場から

まずひとつめは 世間の相場 をもとに回答するものです。

相場でいうと、あくまでも私の感覚値ですが、 企業のウェブサイトのリニューアル頻度のボリュームゾーンは 3 〜 7 年 です。 中央値はおそらく 4 〜 6 年 の間にあって、ウェブが重要なチャネルである企業の場合は 2 〜 3 年、ウェブをあまり重要視していない企業の場合は 6 〜 10 年ぐらいなのではないかと思います。

このあたりは企業の事業戦略の中でのウェブサイトの位置づけやウェブサイトの種類によって大きく変わるので一概には言いづらいところがありますが、さまざまなタイプのサイトをひっくるめてざっくり統計を出してみると、大体 3 〜 7 年でリニューアルをするサイトがおそらく大多数です。

アプローチ2: 損益のロジックから

もうひとつのアプローチは 定量的な損益のロジック をもとに回答するものです。

こちらは ウェブサイトを投資と考えて最も収支がよくなるタイミングでウェブサイトをリニューアルする という考え方です。 自社の意思決定の参考としてにすべきはこちらのアプローチの回答でしょう。

複雑なことは特になくて、要は設備投資の考え方をウェブに適用するだけです。 初期のリニューアル費用とその後の運用保守費用、そして、ウェブサイトによって得られる売上の伸び幅あるいは費用の減少幅をすべて考慮して、メリットが最大となるリニューアルのタイミングを選びます。

当然ながら、この考え方をする場合は 「前回のリニューアルから○年である」という情報にはあまり価値がありません

というのは、例えば、現行サイトが前回のリニューアルから 10 年以上経っていたとしても、機能・デザイン・パフォーマンス・セキュリティ等の面でいずれも問題なく、仮にリニューアルをしたとしても伸び幅が小さく十分なメリットが得られないのであれば、リニューアルは行うべきではありません。

逆に、たとえ前回のリニューアルがほんの半年前だったりしてあまり時間が経っていなくても、サイトに著しい問題がありリニューアルをすることで十分な改善が期待できるのであれば、いくらリニューアル間隔が短くてもリニューアルを行うべきでしょう(ただし、実際のケースではリニューアル以外の選択肢も考慮するのがよいでしょう)。

「見栄えが古くなったから」では不十分

ちなみに、私がよく耳にするケースとして、多くのウェブ担当者は「サイトの見栄えが古くなったから」という理由でサイトリニューアルの検討を始められますが、この考え方には注意が必要です。 「サイトの見栄えが古くなったから」だけでは投資の根拠として不十分です。 ステークホルダーの理解と協力を得てリニューアルを成功させるには、「どれだけの損失(機会損失を含む)が発生しているか」を具体的に数字で出す必要があるでしょう。

当然ながら、この損益のロジックのアプローチには限界があります。 それは「担当者の主観を完全には排除できない」というものです。 数値化の際にはいくつもの前提・仮説が必要になりますが、そこには主観が必ず入ります。 しかし、主観を 100% 排除できないというからといって、損益のロジック自体が役に立たないと考えるのは早計です。 その限界を認識しながら使うのであれば、損益のロジックは十分役に立つものになるでしょう。

・・・

ということで、 ウェブサイトはどのくらいの頻度でリニューアルするべきか というお話でした。

まとめます:

  • 世間の相場だとサイトのリニューアル頻度は 3 〜 7 年
  • ただしサイトの位置づけやタイプによって相場は大きく異なる
  • 実際にリニューアルの時期を検討する場合は相場に捕われず、あくまでも自社の損益の視点から定量的に判断するのがよい

ウェブサイトのリニューアル間隔・賞味期限というものに興味のある方のご参考になれば幸いです。 このあたりの検討のサポートも行えますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください :D