Dyno

ウェブサイトリニューアルの目的・メリットとは

今回は「 ウェブサイトをリニューアルすることの目的・メリット 」というテーマで思うところを書いてみます。

一般に、大多数のウェブサイト(≒ホームページ)におけるリニューアル周期は短ければ数年、長くても 10 年程度のようです。 企業がウェブサイトを持つことが当たり前になってから 10 年以上は経っていることもあり、近年ではサイト構築プロジェクトの大半は新規構築ではなくリニューアルです。

既存のサイトを使い続けていればリニューアルの費用はいらないのに、なぜ多くの企業は何年かに一度ウェブサイトをリニューアルするのでしょうか?

リニューアルの目的は「環境の変化への対応」

企業がウェブサイトのリニューアルを定期・不定期的に行う目的は「 ビジネス環境の変化に対応するため 」です。 現行サイトのシステムを使い続けるよりも新しく作り直した方がより環境に合った戦略・アクションが取れるというときに企業はリニューアルを行います。

ここで、環境というのは広い意味合いで言っていて、ビジネスを取り巻く環境すべてのことを意味しています。 ビジネス分析で定番の「外部」と「内部」の 2 つに分けて具体例をあげてみます。

外部環境の変化に対応する

外部環境とは、会社の内と外に分けたときの外の方の環境のことです。 狭い視点だと顧客・競合・取引先・代替商品等の「市場環境」、広い視点だと PEST (政治・経済・社会・技術)等の「マクロ環境」があります。

典型的な「外部環境の変化」とそれを受けて行う「サイトリニューアルのポイント」の例を次のフォーマットであげてみます。

(外部環境の変化) → (サイトリニューアルのポイント)

  • 競合のサイト品質の向上 → 「サイト構成の変更」「効率的な投稿ワークフローの導入」
  • 顧客層が利用するウェブ端末の変化 → 「レスポンシブ化」「モバイルファースト化」
  • 顧客層のウェブ利用の増大 → 「サイト内のリッチメディアの拡充」「サイトナビ UI の改善」
  • 通信速度・容量の向上 → 「サイト内のリッチメディアの拡充」「画像・動画品質の向上」「パフォーマンス強化」
  • 法律の変更 → 「規約の変更」「法律関連の記述の追加」
  • 検索エンジンのページ評価基準の変更 → 「サイト構成・ページ構成の変更」「 HTML テンプレートの変更」「 https 化」
  • 新規ウェブサービスの登場 → 「新規サービスの導入・統合」
  • 協力会社の利用技術の変化 → 「利用 CMS ・サービスの変更」

リニューアルの目的には「必ずこれ」と言った絶対の答えはありません。 ビジネス環境は企業によって異なるので、リニューアルの引き金となる外部環境の変化も企業・プロジェクトによってまちまちです。

内部環境の変化に対応する

続いて内部環境の場合です。 内部環境とは、文字どおり企業の「内」の環境です。 外部環境が基本的にはコントロール不可能なものであるのに対し、内部環境は企業がコントロールが可能なものです。

具体的には、サイト以外の変化とサイトそのものの変化に分けるとわかりやすいでしょう。 サイト以外の変化の例は、事業ドメインや戦略の変化、サイト運用業務の変化等です。 サイトそのものの変化は文字どおりサイトそのものの変化です。

典型的な「内部環境の変化」とそれに対応するための「サイトリニューアルのポイント」の例をあげます。

  • 顧客セグメントの拡大 → 「サイト構成の変更」「導線の変更」
  • 事業ドメインの拡大 → 「サイト構成の変更」「コンテンツの拡充」
  • 運用業務の効率低下 → 「編集 UI の改善」「編集サポート機能の追加」
  • 運用チームの拡大 → 「同時編集機能の導入」「編集者向けサイトパフォーマンスの改善」
  • 他システムとの連携の必要性 → 「連携機能の追加」
  • サイトパフォーマンスの低下 → 「
  • 利用 CMS のサポート切れ → 「利用 CMS の変更」「脱 CMS 」
  • 利用 CMS の信頼低下 → 「利用 CMS の変更」「脱 CMS 」

こちらも外部環境と同じく、リニューアルの目的・メリットはさまざまです。

ということで、「これがリニューアルの目的です」という唯一絶対の答えのようなものはなく、目的は会社によって、サイトによってさまざま、というのが実情です。

環境の変化等の結果として数年ごとにサイトをリニューアルする企業が多いですが、「 3 年で変えないといけない」といったルール等があるわけではないので、他社の動向等に必要以上に惑わされず、「自社の環境の変化(新たな機会や脅威)に現行のサイトでは対応しきれていないな」という判断ができたときにリニューアルを検討するとよいでしょう。