Dyno

サイトで WordPress が使われているかどうかを調べる方法

今回は サイトで WordPress が使われているかどうかを調べる方法 についてです。

早速ですが、 WordPress (ワードプレス)が使われているかどうかを調べる方法は大きく分けて 2 通りあります。

  1. ツールを使う
  2. 自分で調べる

ほとんどの場合は 1 が速くてかんたんですなので、基本は 1 の方法で調べて、何かしらの理由で 1 の方法がダメな場合にかぎり 2 の方法を使うのがよいでしょう。

1. ツールを使う

WordPress が使われているかどうか調べる方法のひとつは、そのためのツールを使う方法です。

「 WordPress detecter 」といったそれらしいキーワードで Google 検索すれば該当するツールがすぐに見つかるかと思います。

調べる頻度が高い場合は、ブラウザの拡張機能(アドオン)になっているものを使うのが便利かもしれません。 Chrome の場合なら例えば次のようなものがあります。

2. 自分で調べる

何かしらの理由でツールを使いたくないような場合には自分で直接調べることもできます。 具体的には、ブラウザでウェブサイトにアクセスしてレスポンスが返ってくるとその中に WordPress が使われている痕跡が含まれているので、それらをチェックすることになります。

レスポンス中に見つかる WordPress の痕跡としては次のようなものがあります。

meta generator

HTML のソースの <html> <head> の中に <meta name="generator" で始まる行があります(この行が見つからないこともあります)。

WordPress で作られたサイトの場合は、ここに content="WordPress x.x.x" と書かれています。

<meta name="generator" content="WordPress 5.2.2">

CSS/JS の URL

同じく HTML のソースの中に <link rel="stylesheet" <script src=" 等のパターンを含む行があります(通常はたくさん見つかります)。

WordPress で作られたサイトの場合は、そこに含まれる URL の中に、 /wp-includes/ あるいは /wp-content/ というパターンが含まれています。

<link rel="stylesheet" id="wp-block-library-css" href="https://example.com/wp-includes/css/dist/block-library/style.min.css?ver=5.2.2" type="text/css" media="all">
<script src="https://example.com/wp-includes/js/wp-emoji-release.min.js?ver=5.2.2" type="text/javascript" defer=""></script>

必ずしもすべてに含まれている必要はなくて、このパターンが含まれたものが数個あれば、そのサイトで WordPress が使われている可能性は非常に高いと言えます( WordPress 以外の CMS が WordPress を装っている可能性も無きにしもあらずですが、可能性は非常に低いでしょう)。

ファイルパス

WordPress にはデフォルトで提供する URL のパターンがいくつかあるのですが、それをチェックするやり方も有効です。

例えば、 WordPress をデフォルトの状態で example.com 等ドメインで動かすと、次のような URL が有効になります。

  • https://example.com/LICENSE.txt
  • https://example.com/wp-login.php
  • https://example.com/wp-cron.php

WordPress が使われていない場合にこれらの URL にアクセスすると、ページが見つからない旨を表す 404 というステータスが返ってきますが、 WordPress が使われている場合はページが存在する 200 というステータスが返されます。 LICENSE.txt の場合は存在チェックだけでは不十分で、その中身も確認する必要があります(他の CMS を使っているサイトでもこのファイルが置かれていることがあるため)。

以上です。

このあたりをチェックすれば WordPress が使われているかどうかは大方判定することができますが、どうしてもわからない場合は他の部分を見ていくことになります。 そこまでする場合は WordPress に詳しい人に依頼して調べてもらうのが手っ取り早くて確実かと思います。

ただし、サイトの運営者がセキュリティやパフォーマンスの向上を理由に WordPress サイトであることをわかりづらくしている場合もあって、その場合は推測が難しくなることもあります。

ちなみに、他の CMS (やウェブフレームワーク)でもほぼ同じようなやり方で調べることが可能です。 ご参考になれば幸いです。