Dyno

ウェブ制作会社との価格交渉でやってはいけないこと

今回は ウェブ制作の価格交渉において依頼主側がやってはいけないこと をご紹介します(下請法等の関連法規を守るのは大前提なので、今回はそのあたりについて改めて言及することはしません)。

早速結論ですが、制作会社との価格交渉の際は「 内容そのままでの値引き要求 」はやってはいけません。

これには 2 つの理由があります。

理由 1: 人的サービスだから

第一に、 ウェブ制作というのは大部分が「人的サービス」 だからです。 そして、ウェブ制作にかかるコストの大部分は人件費です。 人件費が大部分を占めるサービスにおいて内容そのままでの値引きを求めるということは 「あなたのサービスには価格相応の価値がありません」と言っていることと本質的に同じ です。

何らかの事情で制作会社がその仕事を断れない・どうしても受注したいケースは例外として、通常、内容そのままでの値引き要求は非合理的です。 それを求められたときの制作会社側のスタッフの反応は「 この依頼主、ウェブ制作というものをわかってないなぁ 」です。 どのような話の切り出し方をするかにかかわらず、「内容はそのままでの値引きを」という願望を少しでも見せた時点で制作会社から「わかっていない依頼主」とみなされる可能性は非常に高いといえます。 そして、当然ですが「わかっていない依頼主」に対する制作会社の対応は「理解のある依頼主」とは違ったものになります。 いったん「わかっていない依頼主」という認識を持たれてしまうと、その認識はかんたんに変えられるものではありません。

また、仮に内容そのままでの値引きが受け入れられたとしても、契約後の 制作会社の仕事の品質は確実に下がります 。 これは制作会社が常識レベルの合理的判断ができるところであれば当然の反応です。 「呑んだ値引きの分だけ質を下げ赤字にならないように帳尻を合わせをする」というのが制作会社側の合理的な行動でしょう。 結果、値引き分だけ品質は下がり、結局、仕事ぶりは値段相応のものになってしまいます。 値引きをしてもらった分だけ依頼主側が得をする、なんていうことはありません。

また、仮に制作会社が内容も品質もそのままで金額だけ下げるようなことがあるとすれば、それはその会社が合理的判断ができないか社員に負担を押し付けるだけのブラック企業か、です。 もしそんな金額交渉がうまく行ってしまうなら、それこそよい兆候ではありません。 そこで得た短期的な利益は中長期的には消失しますし、むしろ、そういう制作会社に依頼するとかえって損をするケースが多いことでしょう。

理由 2: よい ICT 人材が不足しているから

ふたつめの理由は、 よい ICT 人材が慢性的に不足している からです。 近年は特に ICT の需要が供給を上回った状態が続いており、当面は解消される見込みがないと言われています。

市場全体でも不足していますが、私が特に強調したいのは よい ICT 人材 が不足しているという点です。 あなたの知り合いの制作会社がもし信頼できて腕のよいところなら、そういった制作会社は稀な可能性があります。

ウェブ制作は「誰がやっても同じ仕事」ではありません 。 ウェブ制作の仕事は、成果物が法律で定めれているわけでもなければ、一定以上のレベルを保証する国家資格があるわけでもありません(国家試験である「情報処理技術者試験」というものはありますが、ウェブ業界では持っていない人の方が多いでしょう)。 同じ依頼でも納品物の内容や品質は会社によってまちまちです。 制作会社や担当者によって、ウェブサイトを通じて生み出せる価値は半分になることもあれば何倍になることもあります

そんな環境なので、内容そのままでの値引きなんて要求すると、腕のよい制作会社なら「であればお断りします」と即刻シャットアウトされてしまうこともありえます。 そんな会社に仮に依頼を受けてもらえたとしても一度その話を出しただけで「わかっていない依頼主」認定をされる可能性は高いので、高い品質を期待することは難しくなるでしょう。

ですので、もし「ここがよさそう」と思う制作会社を見つけたのなら、多少の金額の多寡を気にして無理な値引き交渉をするよりも、仕事の依頼ができる関係を維持しておくことの方が戦略として賢い選択だと思います。

とはいえ、これには例外もあります。

例えば、制作会社が明らかに多額のバッファを載せて金額を提示しているとわかる場合は、内訳の確認や交渉を行うべきです。 また、提示された金額が予算と合わず、その金額だとどうしても依頼できない場合は、内容や品質の見直しも含めて率直に相談するのがよいでしょう。

個人的には、制作会社と依頼主の関係は(プロジェクトが無事に進めば)通常数年は続くので、このあたりは、本音を隠して腹の探り合いをするよりも、率直に予算を提示して相談をした方が関係性がよくなり先々の仕事もスムーズに進むので、率直に相談する方が断然よいと思います。

・・・

というわけで、ウェブ制作会社との価格交渉でやってはいけないことについてでした。 ウェブ制作の依頼を検討している方のご参考になれば幸いです :)