Dyno

コーポレートサイトでの WordPress 利用率はどのくらい?

WordPress (ワードプレス)は「コーポレートサイトに適した CMS 」と言われることがありますが、実際にはどのくらい比率でコーポレートサイトに使われているのでしょうか? 今回は私自身の興味もあり、コーポレートサイトのうち WordPress がどのくらいの割合で使われているのかを調査してみました。

早速結論です。

コーポレートサイトの 20% 強で WordPress が使われている

調査対象は日本国内の上場企業の約 3400 サイトです 。今回の調査では WordPress を使用していると考えられるサイトはそのうちの およそ 750 サイト でした。 3400 中の 750 なので割合としては およそ 20% 強のサイトが WordPress を使っている という結果になりました。

尚この 750 サイトにはサイトの一部でのみ WordPress が使われているようなサイトは含まれていません。また、外部からの調査という性質上 100% の精度で判定できているわけではありません。そのため実際の使用割合はこれよりも高くなることが予想されます。

ちなみに、同様のロジックで、 2020 年 4 月時点で世界的なシェアが WordPress に続く 2 位とされている Joomla! 、 4 位とされている Drupal についても調べました。結果としてはそれぞれ 10 数個のサイトで使われていると出ました。私が調査に使ったロジックの問題で Joomla! と Drupal は WordPress よりも判定モレが多そうなのですが、世界的なシェアから見ても Joomla! と Drupal で作られたサイトは多くても数十サイトのレベルだと考えられます。全体の 1% 未満といったところでしょうか。

この数字はあくまでも上場企業のコーポレートサイトのみを対象としたものです。ここからは推測ですが、中小企業では大企業よりも WordPress が使われる比率が高いので、中小企業の分も含めるとコーポレートサイトにおける WordPress の使用割合はもっと上がっておそらく 30% 〜 40% ほどになるのではないかと推測します(あくまでも推測です)。

この数字を見ると、世間でたまに言われる

  • 「大企業は WordPress を使いません」
  • 「 WordPress はエンタープライズ CMS (大企業向け CMS )ではありません」

といった主張がまったくの嘘であることがわかりますね。

大企業は、中小企業よりも予算が潤沢な分選択肢の幅が広いとか社内規定でオープンソースの CMS は使えないといった事情により WordPress の使用割合は中小企業よりも下がると考えられますが、少なくとも大企業が WordPress をまったく使っていないわけではありません。

コーポレートサイトだけを見ても 20% 以上の上場企業が WordPress を使っているということですし、上場企業はコーポレートサイトの他にもサービスサイトや採用サイト等複数のサイトを持っていることが一般的なので、そこで WordPress が使われているケースも含めて考えると上場企業での WordPress 利用率は 30% 以上となる可能性もあります。

ということで、「大企業は WordPress を使いません」という主張は明らかな間違いです。もしかしたらそう言う人の観測範囲内では事実なのかもしれませんが、それはたとえるなら、魚アレルギーがあって魚を食べないプロレスラーを 1 人知っているだけで「プロレスラーは魚を食べないんですよ」と人に言うことと似ています。

今回はコーポレートサイトではどのくらいの割合で WordPress が使われているのかというお話でした。あくまでも上場企業に絞ったデータではありますが、ご参考になれば幸いです。

最後に余談ですが、上に名前をあげたものの他に今回の調査で目立った CMS をリストアップしておきます。

  • a-blog
  • concrete5
  • Movable Type
  • HubSpot